腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

ビタミンEの特徴

ビタミンEは、強い抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンです。

スキンケア用品によく配合されている成分で、活性酸素から体を守ります。

ビタミンEは私たちの身近な食べ物に多く含まれているので、食事からも取り入れやすいことが特徴です。

美容効果だけでなく、生活習慣病予防効果も期待できるため、医療現場でも注目されていると言われています。

ビタミンEの作用

ビタミンEは抗酸化作用特化型と言っても過言ではないほど、強力な成分です。

動脈硬化の原因の1つ、悪玉コレステロールも防ぐ作用もあります。

主にビタミンEは、細胞膜に多く存在する成分です。

体内で最も酸化されやすい不飽和脂肪酸の酸化も防ぎ、細胞の破壊を防止。

核・遺伝子など、私たちの体を作る上で重要な器官の活性酸素除去にも効果が期待できます。

これらの作用はビタミンA・Cと同時に摂取すると、効果が高まります。

ビタミンEの効果・効能

ビタミンEによる腎臓病抑制のメカニズム

ビタミンEの抗酸化作用で、活性酸素による血管・臓器の損傷を防ぎます。

特に動脈硬化は、高血圧につながるので、腎機能の負担をかけやすい病気です。

また、ビタミンEには血行促進効果があるので、高血圧の予防につながり腎機能の負担軽減につながります。

またアメリカの研究でビタミンEは、腎臓の損傷を保護するために効果的な成分であると発表されています。

ビタミンEが含まれている作物/食物

かぼちゃ/うなぎ/ナッツ/モロヘイヤ/植物油/はまち/ブロッコリー/アボカド

ビタミンEは油と一緒に調理することで吸収率が高まる成分です。

できるだけ新しい油を使って調理しましょう。

また脂溶性ビタミンのため、水で洗っても流れ出ることはありません。

ビタミンEサプリ服用時の注意点

脂溶性ビタミンは体内で蓄積されますが、ビタミンEに関しては他のビタミンに比べてそこまで心配する必要はありません。

ただし、大量に摂取すると血液が固まりにくくなります。

抗凝固剤を服用している人は、特に注意して摂取しましょう。

サプリを摂取するときは、医師に相談してから服用をオススメします。