腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 【特集】腎臓病の原因は腸内にあった!? » 消化不良と酵素の働き

消化不良と酵素の働き

このページでは、腸と腎臓の関係をはじめ、腸内環境の改善をサポートする酵素の働きと、そのメカニズムを解説しています。

腸の消化不良を改善する酵素

老廃物の排泄やホルモン分泌など、身体の恒常性維持に多大な役割を果たしている、腎臓。いったん機能低下に陥ると完治は難しく、腎不全の末期症状になると、腎臓で血液のろ過が充分に行えず、体内に老廃物が蓄積してしまう可能性があるため、透析治療で機能を補わなければなりません。

そんなかけがえのない腎臓の健康を維持するために『腸』が重要であることが、近年の研究で分かってきました。

腸と腎臓の相関関係

腸内細菌によってアミノ酸から作られた『D-セリン』という成分が、注目を集めています。この成分には腎障害を軽減する力のあることが、金沢大学らの研究グループの研究*によりわかってきました。また急性腎障害の患者の血中には『D-セリン』が多く含まれていた、という結果も出ているそうです。これは腎臓トラブルに対し、身体が保護的に反応していることを示します。このような腸と腎臓の相互関係は『腸腎連関』と呼ばれます。

*参照元:Gut microbiota–derived D-serine protects against acute kidney injury(Journal of Clinical Investigation Insight 2018年10月18日)

腸内環境の悪化が腎臓の機能低下を加速させる

腸内には数多くの菌が生息しています。その中にはビフィズス菌などの『善玉菌』もありますが、身体に悪影響を及ぼしかねない『悪玉菌』も存在しています。もし腸内で悪玉菌が優勢だと『尿毒素』と呼ばれる老廃物が、数多く産生されるようになります。健康な腎臓であれば何とか対応できても、機能低下が始まっている腎臓にとっては、大きなダメージ。腎機能のさらなる悪影響が懸念されるのです。そこで、酵素です。

酵素のエビデンス(科学データ)はこちら

酵素は腸腎連関の要となる

食品などのかたちで外部から摂取された一部の酵素は、ビフィズス菌の栄養源になります。ビフィズス菌は、腸内有害菌を抑制する作用を持ちます。そして、有害菌によって生成される腸内腐敗産物が減ることで、結果的に腸内フローラのバランスが改善されることにつながるのです。

逆に酵素が不足していると、食事から体内に取り込んだ栄養が充分に分解されず、消化不良を起こしてしまうことになりかねません。このような腸環境では、腎臓の健康に役立つ『D-セリン』も、充分に作り出すことはできません。

腎臓の機能低下を防ぐためには、まず腸内環境の整備から。積極的に酵素を摂取する習慣を付けていきたいものです。