腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » DHA・EPA

DHA・EPA

DHA・EPAによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

DHA・EPAの特徴

DHAは青魚に多い成分で、多価不飽和脂肪酸と言われています。

体内で作られるときはEPAから作られるのが特徴です。

特にDHAは冷たい海にいる魚に多く含まれ、低温でも固まらない性質を持っています。

青魚だからと言って、全ての魚に大量に含まれているわけでなく、魚の種類によって含まれるDHAの量に大きな差があります。

DHA・EPAの作用

DHAはω-3系に属します。

不飽和脂肪酸が血中脂質を低下させるので、心疾患の危険性を下げることがアメリカの食品医薬品局で判明しています。

またEPAは体内の血行促進効果があるので、血管の破裂や詰まりを阻止します。

中性脂肪・コレステロール値を下げるために体内で作用し、近年ではアレルギーやアトピー性皮膚炎などにも有効だと言われています。

DHA・EPAの効果・効能

DHA・EPAによる腎臓病抑制のメカニズム

DHAには、血管の細胞膜を柔らかくする働きがあります。

血行をよくしたり動脈硬化・高血圧の予防にもつながるので、腎臓への負担を抑制します。

特に体内で生成されるEPAには、血液の粘度を下げて赤血球の変形力を上げる血小板凝集抑制効果があるので、血栓を作るのも同時に予防できるのです。

腎臓病に直接アプローチするという成分ではなく、予防効果に期待できる成分と言えるでしょう。

DHA・EPAが含まれている作物/食物

いわし/さば/あじ/さんま/マグロ/うなぎ/なす

青魚の中でも脂がのっている魚がオススメです。

旬の時期に食べるといいでしょう。

缶詰の青魚でもDHAは摂取しやすく、手軽に摂取できます。

缶詰の汁にもDHAがたくさん含まれているので、パスタのソースにしたりアレンジして調理に使うと効果的です。

DHA・EPAサプリ服用時の注意点

EPAは血液が固まりにくくなるので、1日3g以上摂取する場合は注意が必要です。

規定量以上の過剰摂取はやめましょう。

特にサプリと薬を併用している場合、副作用の危険性が高まるため、必ず医師に相談してからの服用が必要です。

糖尿病治療薬と併用すると、血糖値を下げる効果を弱めてしまう可能性もあります。