腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » ケルセチン

ケルセチン

ケルセチンによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

ケルセチンの特徴

フラボノイドは抗酸化作用をもつ、ポリフェノールの総称です。ケルセチンはフラボノイドの一種で、たくさんある種類のなかでもフラボノール類に属します。糖分と結合する特徴をもち、野菜や果物をはじめ、さまざまな食物に多く含まれている成分なのです。

ケルセチンの作用

ケルセチンは抗酸化作用が非常に強い成分です。他にも抗炎症作用・降圧作用などにも働くので、腎臓病をはじめ、さまざまな病気や健康作用が期待できます。ケルセチン単体では体に吸収されにくい成分なのですが、糖と結合することで水溶性に変化。小腸で体内の吸収率が上昇することがわかっています。抗酸化作用により、体内の活性酸素を抑える作用も期待できる成分です。

ケルセチンの効果・効能

ケルセチンによる腎臓病抑制のメカニズム

腎臓の主な役割は有毒成分を解毒して無害にし、血液をろ過します。この時に余分な水分や老廃物が発生した場合、尿にして体外へ排出。体の中の有害物質を排出します。いわゆる「体の中にある、ろ過装置」とも言えるでしょう。血液がドロドロになると、無理やり流そうとするので高血圧の原因にもなってしまいます。ケルセチンは血液をサラサラにして、循環をよくする効果があるため、腎臓に負担をかけることなく血液循環を促進。動脈硬化の防止にも期待できるのです。

ケルセチンが含まれている作物/食物

タマネギ/りんご/モロヘイヤ/ブロッコリー/そば/パセリ

ケルセチンは、玉ねぎの皮に多く含まれていることがわかっています。油と一緒に摂取すると吸収率が高まるので、ブロッコリーや玉ねぎのサラダにマヨネーズをかけて食べるのもおすすめ。炒め物にケルセチンが多い食べ物を入れると摂取しやすいでしょう。

ケルセチンサプリ服用時の注意点

ケルセチンサプリを摂取する上で目立った副作用は報告されていないようです。だからといって全員に副作用が出ないとは言い切れません。体質によっては、吐き気や腹痛など反応することも考えられます。規定量を守って、正しく服用しましょう。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術