腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 腎臓病になりやすい人とは? » 脂質異常症と腎臓病

脂質異常症と腎臓病

ここでは、脂質異常症と腎臓病の関係、および脂質異常症の原因や症状、検査方法、治療方法などについて網羅的にご紹介しています。

脂質異常症と慢性腎臓病の関係

脂質異常症とは、血中コレステロールや血中の中性脂肪の濃度が、一定基準を上回っている状態のこと。かつて高脂血症と呼ばれた症状と同じです。
脂質異常症は、慢性腎臓病や心筋梗塞、脳梗塞などの遠因となる恐ろしい症状。健康診断で脂質異常症を指摘された人は、食習慣の見直しなどを通じ、血液の状態を正常に保つよう努めましょう。

脂質異常症が慢性腎臓病のリスク要因となる

脂質異常症とは、俗な言葉で言えばドロドロ血のこと。コレステロールや脂肪の影響で血液がドロドロの状態になることを、脂質異常症と言います。
脂質異常症の状態を長く放置すると、やがて血管の内側に動脈硬化が出現。この動脈硬化が腎臓の中の血管に生じることにより、腎臓内の血流が悪化して慢性腎臓病を誘発します。

慢性腎臓病が脂質異常症を悪化させることもある

脂質異常症などを原因に慢性腎臓病になると、腎臓からはアルプミンと呼ばれるたんぱく質が放出されます。この際、同時に悪玉コレステロールも生成されて血中に放出されるため、血液はさらにドロドロの状態に。「脂質異常症が慢性腎不全を招き、慢性腎臓病が脂質異常症を悪化させる」という悪循環へと陥ります。

慢性腎不全以外の病気のリスクも上昇

脂質異常症による動脈硬化は、当然ながら腎臓の血管以外にも平等に生じます。心臓の血管に生じれば、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まるでしょう。脳に生じれば、脳梗塞のリスクが高まるでしょう。
すでに脂質異常症が原因で腎機能の低下が指摘されている人は、他の病気のリスクも同時に上がっていることを理解しなければなりません。

脂質異常症とは

慢性腎臓病の主要な原因となる脂質異常症について、原因や症状、検査内容、治療方法などを確認してみましょう。

脂質異常症の原因

脂質異常症の主な原因は、食生活を始めとした生活習慣です。

悪玉コレステロールや動物性脂肪の多い食べ物

鶏卵、魚卵、レバーなど悪玉コレステロールの多い食べ物や、肉類や乳製品など動物性脂肪の多い食べ物が、脂質異常症の直接的な原因となります。適度に食べる分には健康に良いのですが、過剰に食べる習慣がある場合には、脂質異常症を招く恐れがあるので注意しなければなりません。

カロリーの高い食べ物

食べ過ぎや飲みすぎによるカロリーの過剰摂取も、脂質異常症の原因になると言われています。なお、アルコールの過剰摂取は中性脂肪を増やすとされているため注意してください。

善玉コレステロールを減らす生活習慣

運動不足や喫煙など、体内の善玉コレステロール(悪玉コレステロールを除去する物質)を減らす生活習慣も、脂質異常症の一因であると言われています。

なお、脂質異常症には、遺伝的要因によるケース(家族性高コレステロール血症)も少なくありません。国内には25万人以上の家族性高コレステロール血症の患者がいると推定されています。

症状

健康診断で脂質異常症を指摘されたとしても、それだけで何らかの症状を自覚するわけではありません。無症状だからこそ、状態を放置する人が多いのが現実です。状態を放置すれば、やがて命に関わる恐ろしい病気を招くことがあるので、脂質異常症と診断された人は早急な対策を考えるべきでしょう。

急性心筋梗塞のリスク

脂質異常症の状態を放置していると、やがて血管の中に動脈硬化が生じます。動脈硬化とは、血管が硬くなったり、血管の壁の中に脂質やコレステロールが溜まったりした状態のことです。
動脈硬化を放置していると、やがて病変部分に血栓ができて血流を阻害。この血栓が心臓の冠動脈内で生じた場合、急性心筋梗塞や狭心症を招くリスクが高くなります。

脳梗塞のリスク

同じく動脈硬化による血栓が脳の血管内に生じた場合、脳梗塞を発症する恐れがあります。
脳梗塞を発症すると、病変部分より先に血液が送られなくなるため、脳細胞の一部が壊死。たとえ命を取り留めたとしても、重篤な後遺症を残す可能性があります。

検査内容

脂質異常症の検査は、健康診断などの血液検査を通じて行われることが通常です。血液検査を通じ、「悪玉コレステロールが多すぎる」「善玉コレステロールが少なすぎる」「中性脂肪が多すぎる」などが判明した場合、脂質異常症と診断されます。
診断基準となる具体的な数値は、以下のとおりです。

悪玉コレステロールが多すぎる

血中悪玉コレステロールの濃度が140mg/dL以上。悪玉コレステロールは、健康診断では「LDLコレステロール」と表記されています。

善玉コレステロールが少なすぎる

血中善玉コレステロールの濃度が40mg/dL未満。善玉コレステロールは、健康診断では「HDLコレステロール」と表記されています。

中性脂肪が多すぎる

血中の中性脂肪の濃度が150mg/dL以上。中性脂肪は、健康診断では「トリグリセライド」と表記されることがあります。

治療方法

脂質異常症の主な治療方法は、食事療法、運動療法、薬物療法の3種類です。

食事療法

脂質異常症の患者には、肥満傾向の人も少なくありません。肥満が認められる人には、まず標準体重を目指すための食事を心掛けることが、脂質異常症の食事療法そのものとなります。
コレステロールの多い食材や動物性脂肪の多い食事を抑えつつ、野菜や食物繊維を多く摂ります。アルコールの過剰摂取も控えなければいけません。

運動療法

脂質異常症の改善には運動も効果的。筋トレなどのハードな無酸素運動ではなく、むしろ散歩やウォーキング、軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動のほうが有効です。
運動に割く時間を取れない人は、「職場ではエレベーターではなく階段を使う」「出勤時や帰宅時に一つ前のバス停で降りて歩く」など、日常生活の中で工夫して運動を採り入れると良いでしょう。

薬物療法

食事療法や運動療法で十分な効果が得られない場合には、薬物療法が検討されます。すでに動脈硬化の治療を受けている人や、糖尿病・高血圧・喫煙習慣など動脈硬化を悪化させる環境にある人、家族性高コレステロール血症の人などが薬物療法の対象です。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術