腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 腎臓病で気をつけたい栄養制限や食べてはいけない物 » リン

リン

このページでは、リンと腎臓病の関係について調査しています。

腎臓の状態をより良く保ち続けるためには、毎日の食事内容には注意を払う必要があります。中でもリンは、知識を深めておきたい栄養成分のひとつです。

弱った腎臓にリンは脅威となる

リンと聞いても、いまひとつピンと来ない人が多いのではないでしょうか。リンはたんぱく質やカルシウムを含む食材/食品の中に多く含まれている成分です。魚類や乳製品、そして肉類の中にリンが存在しているのです。

リンはカルシウムと働きが似ており、骨や歯を作るために欠かせない成分です。また細胞膜の生成や神経伝達にも関わるなど、身体の中で重要な活躍を見せています。

しかし腎臓の機能が知らぬ間に低下していると、リンが体外へと排泄されず、体内で必要以上に滞留してしまいます。すると「ビタミンDの働きが阻害される」という弊害が起きます。

ビタミンDはカルシウムの吸収に欠かせない成分。リン滞留のせいで血中のカルシウム濃度が下がっては大変ですから、身体は『副甲状ホルモン』を分泌することで、事態を収束しようと試みます。その結果、体内のバランスが崩れ、骨や血管に異常が現れるようになります。この病状は『CKD-MB』と命名され、危険視されています。

CKD-MBを放置するのは危険

『CKD-MB』は、慢性腎臓病に伴う、骨やミネラルの代謝異常です。

骨が脆くなるため骨折しやすくなるほか、血管の石灰化が見られるように…。目の充血や関節痛が引き起こされるほか、悪くなると心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなります。

本来は身体に有用なはずのリンが、機能低下した腎臓によって、生命をも脅かしかねない『不法滞在者』に変貌するのですから、怖いですね。

リンを上手に摂るコツ

リンは肉や魚など、自然由来の食材以外に、食品添加物の中にも多く含まれている成分。また表示義務にも該当していないため「実際に、どのぐらいの量を摂取しているのか」判断するのが難しくなっています。摂取をコントロールしづらい成分と言えるでしょう。

上手な摂取法のコツとして挙げられるのは、以下の2点です。

  • 食品添加物を多く含むファストフードや清涼飲料水、コンビニ弁当などを食べないようにする。
  • リンはたんぱく質と共にある成分なので、たんぱく質の摂取目安量(1日40g前後)を基準にすると良い。

特に「外食中心の食生活を送っていると、腎臓に端を発する病のリスクは、どんどん高まる」と、肝に銘じておくようにしましょう。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術