腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » ビタミンD

ビタミンD

ビタミンDによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

ビタミンDの特徴

ビタミンDは脂溶性の成分で、植物性食品のビタミンD2と動物性食品のビタミンD3を総称したものです。

ビタミンD2・D3どちらも体内で同じ働きをします。

カルシウムの吸収を高めて、骨を強くするため、体が丈夫になる成分です。

ビタミンDは紫外線を浴びると体内で合成できる特徴をもちます。

日焼けをするほど紫外線を浴びてしまうと逆効果ですが、適度に日光を浴びていれば不足しない成分とも言われています。

ビタミンDの作用

ビタミンDを摂取すると、小腸から脂質も一緒に吸収されます。

吸収されたビタミンDは、肝臓・腎臓で活性型ビタミンDに変換。

骨の強化をはじめ、筋肉・血液のカルシウム濃度を調節したり免疫力を高めるなど、体内でさまざまな働きをします。

ビタミンDの効果・効能

ビタミンDによる腎臓病抑制のメカニズム

骨がスカスカになってしまう骨粗鬆症は加齢だだけでなく、腎臓病をはじめ、糖尿病・高血圧の人は発症しやすいです。

また体内で作られる活性型ビタミンDは、主に肝臓・腎臓で作られます。

腎臓の働きが悪くなると、有害物質のろ過作業を始め、活性型ビタミンの生成量が徐々に少なくなっていくのです。

ビタミンDを摂取できれば、腎機能を働かせなくても良いため、腎臓に負担をかけません。

ビタミンDが含まれている作物/食物

イワシ/サケ/しらす/卵/肉/干し椎茸/

ビタミンDは脂溶性なので、料理をしても栄養価が逃げにくい成分です。

植物よりも魚・肉など動物性食品に多く含まれています。

乳製品と同時に摂取すると吸収率が上がります。

ピーナッツと一緒に食べてもよいでしょう。

ビタミンDサプリ服用時の注意点

ビタミンDは脂溶性なので、水溶性と違い過剰に摂取した分は排出されず、体内に蓄積されてきます。

カルシウムの吸収率が高まりすぎて、倦怠感・食欲不振・脱水・下痢などの症状がでることもあるので注意しましょう。

特に腎臓病の人が過剰摂取すると、腎不全のリスクが高まります。

ビタミンDは腎臓病の予防・回復のために摂取したい成分ですが、摂りすぎは禁物です。

規定量を必ず守るようにしましょう。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術