腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 腎臓病で気をつけたい栄養制限や食べてはいけない物

腎臓病で気をつけたい栄養制限や食べてはいけない物

このカテゴリでは、腎臓病で気をつけたい栄養制限や食べてはいけない物について、情報をまとめています。

以下のページを設けていますので、ぜひ内容をチェックして下さい。

タンパク質

タンパク質は体内で代謝されますが、その際に老廃物が発生します。

腎臓はその老廃物を体外へと排出させるのですが、量が多ければ多いほど、ハードワークを強いられることになります。

腎臓病とタンパク質
摂取のポイントを見る

塩分

必要以上の塩分が身体に摂り込まれると、腎臓はその体外排出に苦労することとなります。

量が多ければ多いほど、腎臓の疲弊は早まり、機能低下へと繋がっていきやすくなります。

腎臓病と塩分
摂取のポイントを見る

カリウム

腎機能が知低下していると、摂り過ぎたカリウムが体外へと排泄されず、滞留してします。

血中のカリウム濃度が高まると、しびれや脱力、そして吐き気などの症状が現れるようになります。

腎臓病とカリウム
摂取のポイントを見る

果物

果物にはビタミンや食物繊維をはじめとする有用な成分が多く含まれています。

腎臓病が気になる人が注意したいのは、カリウム。

果物の種類によっては多くのカリウムを含みます。

腎臓病と果物
摂取のポイントを見る

コーヒー

仕事をしながら飲む、喫茶店での打ち合わせの際にオーダーするなど、私たちの生活に密着しているコーヒー。

しかしコーヒーにも、カリウムが含まれていますので、愛好家は要注意です。

腎臓病とコーヒー
摂取のポイントを見る

お茶

緑茶やほうじ茶などのお茶は、日本人のリラックスタイムの定番ドリンクです。

しかし、「腎臓病患者にはおすすめできない」という意見もあります。

カリウムが含まれるからです。

腎臓病とお茶
摂取のポイントを見る

リン

腎臓の機能が知らぬ間に低下していると、リンが体外へと排泄されず、体内で必要以上に滞留してしまいます。

すると「ビタミンDの働きが阻害される」という弊害が起き、大きな問題に発展します。

水分

腎機能が正常であれば、古い水分を濾過したうえで、尿として体外へ排出できます。

しかし腎機能が低下すると尿量が減り、体内の水分バランスに乱れが生じるようになります。

カルシウム

腎臓の機能が低下していると「カルシウムが身体に吸収されにくくなる」という大きな問題が生まれてきます。

こうした症状は『CKD-MB』と呼ばれ、カルシウム摂取のコントロールが必要とされます。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術