腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 【特集】腎臓病の原因は腸内にあった!? » 酵素を減らす食事・増やす食事

酵素を減らす食事・増やす食事

このページでは、身体内へ酵素を効果的に摂り込むために役立つ、食事法について紹介しています。

酵素と食事の関係

身体に摂り込んだ栄養素のパフォーマンスを高めてくれる、酵素。酵素は人体内にも存在しているのですが、量に個人差がある、加齢とともに減少するなどの問題があるため、食品から積極的に摂取したいもの。以下に酵素と食事の関係を紹介していきましょう。

酵素を増やす食事法とは

まず酵素は熱に弱く、生の肉や魚、そして野菜や果物に多く含まれています。魚や肉を生で食べるためには、知識と技術が必要となるため、新鮮な野菜/果物をチョイスするのが早道。

また野菜や果物の酵素は、固い細胞壁に含まれているので、細かく刻むことでより吸収力が高まります。おすすめは、すりおろし。また食べる時はよく噛んで咀嚼することが大切です。

野菜や果物以外でも、ヨーグルトや味噌などの発酵食品にも、酵素は多く含まれます。ぬか漬けなどのお漬物もおすすめですが、塩分過多の食事は腎臓に悪影響を与えますので、摂り過ぎには注意してください。

酵素を減らしてしまう食事法とは

先述の通り、酵素は熱に弱く、約50度で効力を失ってしまいます。酵素を摂取する目的であれば、生野菜/果物を選ぶことが大切です。

また「食後、すぐに眠る」というライフスタイルは、人体内に存在している消化酵素の浪費を招きます。暴飲暴食(過食)も、然り。特にアルコールは消化酵素を濫用する傾向があるため、必要以上に摂取する習慣は、断ち切らなくてはなりません。

サプリなど健康食品も有効

「酵素を摂るのって、大変…」と、失望した方がいるかもしれません。

そんな人には、酵素摂取目的で商品化された、サプリメントなどの健康食品を利用してみるのもよいでしょう。これらの商品は効率よく酵素が摂取できるように加工されていますので、必要以上の苦労を強いられることもありません。

腎臓をはじめとする全身の健康に役立つ酵素の摂取を、ぜひ習慣にしていきましょう。

効率よく酵素を摂取できるおすすめサプリをチェック

消化酵素・代謝酵素・食物酵素の働き

消化酵素

消化酵素とは、食べ物が体に吸収されるよう分解する成分の総称です。炭水化物を分解する消化酵素「アミラーゼ」、タンパク質を分解する消化酵素「プロテアーゼ」、脂質を分解する消化酵素「リパーゼ」などが有名です。
人は、食べ物を摂取しなければ生きていけません。そうとは言え、口から摂った食べ物は、そのままの姿で体に吸収されるわけではありません。食べ物を体に吸収される姿に変えてくれる物質が消化酵素と考えてください。

代謝酵素

代謝酵素とは、私たちの体のさまざまな代謝機能を稼働させるときに使われる酵素のこと。呼吸機能、消化機能、排泄機能、新陳代謝機能など、体のありとあらゆる部分における機能を働かせる際に、代謝酵素が使われます。
これら様々な代謝機能は、私たち人間の生命活動そのものと言えるかも知れません。よって代謝酵素が不足するということは、すなわち、生命活動そのものに重大な影響を与えてしまう、ということにもなります。

食物酵素

食物酵素とは、食べ物の中に含まれている酵素のこと。主に野菜や果物、発酵食品などに多く含まれていることで知られています。
酵素には、もともと体の中で分泌されている潜在酵素と、食べ物の中に含まれている食物酵素の2種類があります。どちらの酵素も体内では消化酵素や代謝酵素として働きますが、潜在酵素は年齢とともに分泌量が減少する一方。40代の潜在酵素の分泌量は、ピーク時の半分程度と言われています。
減少した潜在酵素を補うため、特にミドル層やシニア層は、食べ物から食物酵素を積極的に摂ることが望まれます。
酵素を取り入れるには?

アミラーゼ

アミラーゼとは、炭水化物を分解するための消化酵素の一種。唾液に含まれるプチアリンと、膵液に含まれるアミロプシンの2種類を総称して、アミラーゼと呼びます。多糖であるでんぷんを2糖であるマルトースに分解し、消化をサポートします。

野菜 大根、ヤマイモ、かぶ、キャベツ、ショウガ、ジャガイモ、パセリなど
果物 パプリカ、バナナ、パイナップル、キウイ、ナシなど
発酵食品 納豆、味噌、塩麹など

プロテアーゼ

プロテアーゼとは、タンパク質を分解するための消化酵素の総称。具体的には、胃液に含まれるペプシン、膵液に含まれるトリプシン、腸液に含まれるアミノペプチダーゼNなどを総称して、プロテアーゼと呼びます。タンパク質をアミノ酸に分解し、消化をサポートします。

きのこ まいたけ、エリンギなど
野菜 大根、キャベツ、ショウガ、玉ねぎ、ピーマン、パセリ、ニンニク、パプリカなど
果物 青パパイヤ、パイナップル、りんご、キウイ、イチジク、マンゴー、メロン、ナシ、アボカドなど
発酵食品 納豆、味噌、塩麹、ヨーグルトなど

リパーゼ

リパーゼとは、脂質を分解する消化酵素。胃液や膵液を中心に、微量ながら唾液にも含まれています。働きは、脂質を脂肪酸とグリセロールに分解すること。この分解を経て、脂肪はエネルギーとして使われることになります。

発酵食品 納豆、味噌、塩麹など
果物 グレープフルーツ、スイカ、アボカド、イチゴ、プラム、オレンジ、ナシ、青パパイヤなど
野菜 だいこん、カリフラワー、ほうれん草、ズッキーニ、ニンジン、トマト、パプリカなど