腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

ビタミンCの特徴

ビタミンCは、抗酸化作用が強く皮膚・粘膜の健康維持をサポートします。

肌にツヤがでたりしみの予防など美容効果が有名ですが、免疫力が高い成分としても知られています。

水溶性なので不要なビタミンCは体外に排出。

そのため基本的に過剰摂取などの心配はありません。

人間の体ではビタミンCは合成できないので、食事で取り入れる必要があります。

ビタミンCの作用

ビタミンCを摂取すると、小腸から吸収されます。

その後肝臓に運ばれてから、全身に血液によっていきわたるようになるのです。

ビタミンCは数多くある成分に比べて、抗酸化作用が非常に強い成分で、心臓血管系疾患の予防にもアプローチします。

またビタミンCと同様、抗酸化作用を持つビタミンEを再生する働きをもつため、同時摂取がオススメです。

ビタミンCの効果・効能

ビタミンCによる腎臓病抑制のメカニズム

ビタミンCは免疫力を高める効果があるので、風邪予防にも期待できる成分です。

腎臓病を発症していると風邪薬は腎毒性が強いため、使用される薬にも制限があります。

風邪予防のためにビタミンCを定期的に摂取をして、腎臓に負担をかけない生活をするのは大切なことです。

またビタミンCは動脈硬化の予防効果があります。

腎臓病の天敵とも言われている高血圧予防につながるので、積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンCが含まれている作物/食物

レモン/じゃがいも/アセロラ/赤ピーマン/きゃべつ/キウイ/いちご/さつまいも

ビタミンCは柑橘類の果物に多く含まれていますが、野菜にも多く含まれています。

数ある成分の中でも、比較的食事で気軽に摂取できる成分です。

熱によって壊されやすい成分ですが、特にいも類のビタミンCは、でんぷんによって守られているので破壊されにくいのでおすすめです。

ビタミンCサプリ服用時の注意点

ビタミンCは吸収率が非常に高く、水溶性なので体内に蓄積される心配はありません。

しかしサプリの場合、過剰摂取すると、人によっては、腹痛・下痢・発疹・頻尿の症状が出るので注意しましょう。

特に腎臓病の人が過剰摂取すると、腎シュウ酸結石のリスクが高まるので要注意!

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術