腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 腎臓病とは?予防のために知っておくべき情報まとめ » 腎不全とは

腎不全とは

腎不全とは?その詳細をリサーチしているページです。

腎不全とは?

腎臓はげんこつぐらいの大きさの臓器で、人体の中では腰のあたりに、左右対称のかたちで存在しています。

腎臓の『糸球体』は、動脈から流れ込んできた血液を濾過。不純物を取り除いた血液を、静脈を通して人体へと戻します。また老廃物は尿管を通し、体外に排泄します。

また腎臓には血圧を調節する働きもあります。生活習慣病予防/発生の面から見ても、非常に重要な役割を果たしている臓器なのです。さらに腎臓から分泌されるホルモンは、充分な造血に欠かせません。

腎不全とは、腎臓が正常に機能しなくなっている状態。具体的には腎臓の働きが、健常時に比べ30%以下になってしまった状態を指します。腎臓の機能が低下すると、老廃物が体内に蓄積され、さまざまな不調が現れるようになってきます。

尿毒症の代表的な症状として考えられるのはむくみやだるさ、思考力や食欲の低下など。また高血圧や貧血、そして「骨が脆くなる」などの深刻な症状も、併発するようになります。

腎不全は治らない

本サイトで繰り返し述べていることですが、肝臓と並び『沈黙の臓器』と呼ばれる腎臓の機能低下は、症状を自覚しにくくなっています。尿毒症や高血圧などが現れるようになったころには、腎不全がかなり進行しているのです。

しかも腎不全を慢性化させてしまうと、完治させるのは難しくなります。もちろん放置すれば生命を脅かす事態に発展しますので、治療を行うこととなりますが、その内容は日常生活に大きな影響を及ぼします。

腎不全の治療

腎不全には、以下のような治療が適用されます。

透析
外部の装置を利用し、老廃物を取り除くなどの腎機能を代行します。
週2~3回程度、1回4~5時間の『血液透析』と、症状が深刻な入院患者などに1日に3~5回適用する『CAPD(連続携行式腹膜透析)』があります。

腎移植
ドナーから提供された健常な腎臓を移植する方法。成功すれば、腎機能が回復し、透析の必要がなくなります。ドナーの生死により『死体腎移植』と『生体腎移植』に大別されます。
移植後の生存率は90%台と高くなっていますが、がんの発生率や感染症リスクが高まるとの報告もあるため、慎重な検討が必要となるでしょう。

上記のように、いったん腎機能の低下が慢性化すると、さまざまな困難に遭遇することとなります。

定期的な健康診断を欠かさず、また食生活にも十分配慮することで、慢性化を予防することが非常に大切です。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術