腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 腎臓病とは?予防のために知っておくべき情報まとめ » 糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症とは

このページでは、糖尿病性腎炎の特徴や原因、病状、病気、治療法などについて紹介しています。

糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症とは、毛細血管の一種である糸球体の硬化および繊維化によって起きる、糖尿病の細小血管合併症です。糸球体は血中の不要な老廃物を尿として体外に排出する役目を担いますが、慢性的な高血糖が続くと糸球体の濾過機構が破綻に陥り、その結果、糖尿病性腎症を発症させてしまいます。糖尿病性腎症は進行性の疾患であり、病期は一般に第1期から第5期までありますが、必ずしも全ての患者さんがこのモデルに当てはまるわけではなく、病状の進行の仕方や症状の現れ方は人それぞれです。

糖尿病性腎症の原因

糖尿病性腎症の原因は、糖尿病の原因とも言われる高血糖です。一時的な高血糖は問題ありませんが、慢性化してしまうと腎臓の糸球体へ影響を及ぼし始め、段階的に血管障害や膜に異常をきたすと同時に濾過機構が機能不全に陥り、血中の老廃物を尿を通じて外に排出することができなくなります。この濾過機構の破綻こそが糖尿病性腎症の状態ですが、その根本的原因は慢性的な高血糖です。

糖尿病性腎症の症状

糖尿病性腎症の症状は、第1期(初期)においては自覚症状はほとんどなく、第2期において微量のタンパク質の漏出があり、第3期において多量のタンパク尿が検出されるようになり、それと同時に血圧上昇、血管の破壊、腎臓機能の悪化と病状の進行が深まり、それに合わせて息切れや胸苦しさ、食欲不振、むくみ満腹感などの症状を自覚できるようになります。第4期、第5期に至ると、嘔吐や眠気、腹痛、発熱、手のしびれや痛み、易労感、嘔気なども現れ、症状が増幅していきます。

糖尿病性腎症の病期

糖尿病性腎症の顕著な特徴は進行性であり、病状や症状が段階に応じて少しずつ悪化していくこと。とりわけ、1期~2期では自覚症状がほとんどないため、この段階では尿の検査をしない限り、糖尿病性腎症には気づかないのが実情です。そして3期以降に入ってようやく症状を自覚できるようになりますが、この段階に入ってから治療を行っても原状回復は難しく、病気の進行を遅らせるのがやっとの状態なので、ベストな対応としては第2期の段階までで糖尿病性腎症をみつけることです。

糖尿病性腎症の治療法

糖尿病性腎症の治療法は病期に応じておこなわれ、方法は多岐に渡ります。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術