腎臓病予防が期待できる注目成分・サプリ辞典 » 回復に向けて腎臓のはたらきをサポートするサプリ成分ガイド » ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAによる腎臓の回復をサポートする健康食品・サプリの成分を詳しく解説します。

ビタミンAの特徴

ビタミンAは脂溶性で、いわゆるレチノールのことです。

ビタミンAは多く摂取しすぎると肝臓に負担がかかるので注意が必要な成分です。

ビタミンAは吸収率が非常に良い成分なので、7~9割は体にしっかり吸収されます。

ちなみに体内でビタミンAに変化する成分に、カロテノイドがありますが、プロビタミンAと呼ばれています。

ビタミンAの作用

ビタミンAの主要成分であるレチノールは、主に目・皮膚の健康をキープする作用します。

薄暗い場所に行くと一瞬真っ暗で何も見えないですが、徐々に慣れて見えるようになると思います。

これは、目の網膜にロドプシンという成分があるからです。

ビタミンAにはロドブシンを合成するために必要な成分なので、壊れたロドプシンを合成するために作用します。

視力回復効果が期待できるサプリなどに多く配合されているのはこのためです。

また、ビタミンAには細胞に働きかけるので、がん予防にも作用するといわれています。

ビタミンAの効果・効能

ビタミンAによる腎臓病抑制のメカニズム

ビタミンAは抗酸化ビタミンとして、さまざまな病気の予防効果が期待できます。

特にビタミンA・C・Eを一緒に摂取すると効果が高く、腎不全患者用のマルチビタミン剤も市販されています。

抗酸化ビタミンは、活性酸素などの有害作用を抑える効果が期待できるので、血液の流れをよくします。

つまり長い目をみると高血圧の予防にもつながるのです。

ビタミンAが腎臓病に対して何か作用するというよりも、総合的に見てアプローチできる成分と考えましょう。

ビタミンAが含まれている作物/食物

鶏レバー/豚レバー/うなぎ/乳製品/たまご/にんじん/かぼちゃ

緑黄色野菜にはβカロテンが豊富に含まれています。

体内で変換させるためにも、積極的に摂取しましょう。

ビタミンAサプリ服用時の注意点

個人差にもよりますが、ビタミンAは過剰摂取しすぎると肝機能に蓄積されるので、頭痛・吐き気・脱毛・発疹などさまざまな不具合が生じます。

必ず用量を守って服用しましょう。

なお、植物性のβカロテンにおいては、必要な分だけしか体内に蓄積されないので、過剰摂取の心配はありません。

慢性腎臓病のための予防栄養学ガイド 腎臓を守る・助ける成分・サプリ・食事術